持込査定大切に乗ってきた愛車だけに、少しでも高額査定で買取ってもらいたい…。

そう考えるのはオーナーさんであれば当然のことではないだろうか?

売却先がどこであれ、大切に乗り続けた愛車を高く評価してもらいたい気持ちは一緒なのだ。もちろん管理人の小池も愛車を売却する時は、その一点に集中している。

しかし一方では、大半のオーナーさんが納得いかない査定額で手放してしまっていることも事実…。簡単にいえばバイク売却はそう甘くない…ということかもしれない。

もちろん当サイトは、そんなバイク乗りの方が少しでも愛車を高く売却できれば…ということを一番の目的としている。

そんな当サイトに先日「バイク持込査定 どこも安かった」という検索ワードを経由してこられた方がいたようだ。

検索ワードからすると、すでに愛車売却のステップに進んだものの、幾つかの店舗で思ったような査定額をゲットできなかった…という感じなのだろう。

そこで今回、こういったユーザーさんへの返答もかねて記事にしておく。ぜひ参考にしてもらいたい。参考までに小池のお勧めの売却先は以下の通りだ。

click→小池の選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

 

いきなり持ち込んで高額査定の店舗など絶対に無い!

Motorcycles残念ながら「バイク持込査定 どこも安かった」という検索ワードだけでは、どういった店舗にどんな車種を持ち込んだのかハッキリしないが、どちらにせよ下準備は済ませたのだろうか?

もし下準備もせずにレッドバロンやソックスのような中古バイク販売店に持ち込んだところで、小池からすれば完全に準備不足の負け戦である。

ハッキリいって100%確実に安く買い叩かれるだろう。

検索ユーザーさんにとって、少々厳しい意見となるが、これがバイク売却の現実なのだ。いきなり思いつきで店舗に持ち込んで高額査定がゲットできるほどバイク売却は甘くないのである。

というのも、これは中古バイク販売店での持込査定の流れを考えてみれば明らか。

そもそも持込査定をメインに扱う中古バイク販売店の場合、持ち込まれたバイクをスタッフやメカニックが仕事の合間に査定することになる。過去に持込査定の経験がある方にはご存知の流れだ。

この場合、中古バイク販売店側としては一切出費が生じないわけである。つまり買取が成立してもしなくても、店舗としては赤字になる要素は無いのだ(正確には査定に費やすメカニックの時間は無駄になるかもしれないが)。

なので当然ながら強気で査定できる。そもそも買取不成立でも痛くも痒くもない状況なのである。

こういった状況下で、なおかつ下準備も無しで持ち込まれたバイクが高額に査定されるだろうか?

まあ普通の中古バイク販売店の場合、十中八九、本来の査定額のいいとこ7~8割程度ではないだろうか…場合によってはそれ以下というケースも普通にあるはずだ。

今回の検索ユーザーさんが「バイク持込査定 どこも安かった」と感じたのは、至って普通の流れ…といえるかもしれない。逆に、いきなり持ち込んで高額査定になるケースこそレアなパターンといえるだろう。(参考ページ レッドバロンやソックスに持込んで査定額が安い理由とは

 

下準備として愛車の中古市場での価値くらいは知っておきたい!

そこで今回のように「バイク持込査定 どこも安かった」とならないために、最低限やっておくべきは、愛車売却の下準備といえる。

そもそも中古バイクを高く売るために必要なポイントは、大きく分ければたったの2つなのだ。こちらの記事、でも伝えているが、「バイク売却の下準備を入念に行うこと」そして「高額になりやすい売却先を選ぶこと」。

この2つだけ注意すれば、まず安く買い叩かれることは無い…と小池は考えている。

この二本柱のひとつ「バイク売却の下準備」を入念に行うことで、中古バイク販売店に持ち込んでも、それなりの査定額はゲットできるはずだ。ここは手を抜かずに最低限、以下の下準備だけでも実践しておくべきだろう。

愛車の販売価格と相場を事前に知る

バイク買取店申込みまずは愛車がどれほどの価値があるのか、中古市場の販売価格をざっくりとでも調べておきたい。

愛車がリアルタイムでどの程度の価値があるのか…という部分を知っておくだけで、査定交渉もスムーズに進むし、相手の査定額がまっとうな金額なのか瞬時に判断できる。

仮に愛車と同年式の状態の似たようなバイクの販売価格が50万円だったとする。だとすれば中古バイク販売店の利益や買取などの諸経費を差し引き、約7~8割が買取相場だと察することができる。

つまりマックスで40万円弱…というのが愛車の適正な買取相場ではないだろうか。もちろん車種やジャンルによっても変わってくるので一概には言えないものの、だいたいはそういった感じである。

つまり、持ち込んだ店舗で15~20万程度と査定された場合、明らか安く買い叩いているワケだ。そういった店舗は信用できないのでさっさと退散した方が身のためである。

 

余裕があれば業者間の買取相場も知っておきたい!

バイク売却先前述のとおり、愛車の販売価格を知っておくだけで、少なくとも安く買い叩いてくる中古バイク販売店を見極めることはできるはずだ。GooBikeや様々な中古バイク販売関連のサイトがあるので、スマホ等で簡単に相場を調べてもらいたい。

だが小池としては、もう一歩踏み込んで下準備しておくことをお勧めする。

それが愛車のリアルタイムの流通価格を知っておくことである。

業者間での取引相場を直に知っておくことで、持込査定の交渉でも具体的な数字を相手に伝えて交渉を有利に進めることが可能となるのである。

 

では業者間の流通価格を簡単に知るには?

まあやり方はいろいろあるだろうが、もっとも精度の高い情報を求めるならば、無料で出張査定に足を運んでくれるバイク買取の専門店を利用するのが間違いないだろう。

あの手の買取専門店の場合、買取したバイクの大半は業者間オークション経由で販売するためである。つまり業者間の流通価格にもっとも敏感なのが、あの手の買取専門店の査定スタッフなのだ。

残念ながら中古バイク販売店での持込査定の場合、店舗の客層や在庫車両の関係でどうしても査定額にムラがでてしまうのだ。確実に短期間で買い手がみつかるようなバイク以外はどうしても弱気になってしまうのである。

そういった意味でも、在庫しない買取専門店の無料査定を上手く利用しておきたい。バイク買取店は在庫という概念が無いので人気車種も不人気車種も平等にしっかりと査定してくれる。

click→小池の選んだ持込査定の前に査定額を知っておくべき買取店一覧

つまり愛車の本来の流通価格を知るには、もっとも有効な方法といえるだろう。まあ基本的に持込査定より高額になるケースも多いので、そのまま売却するのも悪くない。

(※こちらの記事も参考にしてください→バイクの持込査定で高い査定額をもらうための下準備

 

バイク持込査定でどこも安いと感じたら…

購入店舗ということでざっくりとまとめてみよう。

  • まずは中古バイク販売サイト等で愛車の販売価格、相場を調べる
  • さらに交渉を有利にするために、いくつかの買取専門店で無料査定を受けてみる

最低でも、中古バイク販売店に持込む前に、上記の下準備は済ませておきたい。

これだけで販売店のメカニックや営業と対等に交渉を進めることが十分に可能なはずだ。

ひと昔前とくらべ、安く買い叩いてくる売却先は減ったものの、買取側としては少しでも安く買取りたい気持ちは、いつの時代も変わるものではない。

となると、知識の乏しいユーザーさんが残念ながらターゲットとなる部分は仕方の無い部分かもしれない。

まあユーザーさんとしては、下準備して知識で武装しておいてマイナスな要素はひとつもない。

むしろ何店舗かで無料の出張査定を受けるだけで、最終的な売却金額が5万も10万も変わるのなら、やっておくべきだし、やらない理由が見つからない…というのが小池の結論といえる。